出産、新しい家族…家を売り住み替える

住み替えを理由に家を売る方も少なくありません。
結構多いのが家族が増えたきっかけです。家族

夫婦二人だけの時は十分な広さだった物件も
子供ができると手狭になり広い家に住替えしなければ
いけないこともあります。

高齢になった親御さんと一緒に暮らすために
住み替えすることもあります。

済む人が増えると荷物も増えますしプライベート空間も
必要になるので、家族全てが快適に過ごすためには
絶対に広い家への住み替えは必要になります。

狭い家にそのまま暮らし続けると家族みんなのストレスになるでしょう。

不要になった家を売る場合気を付けてもらいたいのがタイミングです。
早く売ればいいのですがあまり早さを求めると
値引き交渉をされるので思うような価格にならなくなります。確認しておきたいこと

ですので少し余裕を持って引越しのプランを立てるようにしてください。

売れてから住み替えるというのもいいでしょう。
ただ暮らしながら家の見学を受け入れなければいけませんので
家の中を常にきれいにしておく必要があります。

今暮らしている家の売却益は新しい家を買うときの資金になります。
どれだけの額で売れるのかが、新しい家を買うときの
負担額に大きく影響しますので、できるだけ高く売るようにしてください。

高く売るコツですが、不動産屋に委託する場合は
少しだけ相場より高めに設定するようにしてください。

必ず値引き交渉されてしまうからです。
また仲介手数料の少ない不動産会社を選ぶようにしましょう。

仲介手数料も大きな負担になるからです。
決断の前にできる限り情報収集しておきましょう。