中古物件の一戸建てを売却する方法

一戸建ての中古物件を売却する場合、
退去したままの状態で販売活動を始める場合と
リノベーションを施してから販売活動を行うのでは
売却金額や売却期間に大きな差が生じます。

リフォームを前提に物件を探している人の場合、
リノベーションを施さないそのままの状態を
できるだけ安く購入できる事を一番に
考えているため、購入交渉に入ると
価格交渉が入る事が一般的です抜け出す

つまり、希望売却価格よりも
安くなってしまう
可能性が高くなります。

ですが、最近は自己資金も
少ない人がほとんどで、
住宅ローンを利用して、一戸建てや
マンションなどの住宅購入を
考える人が増えています。

自己資金が少ないという事は、住宅ローンや
諸費用ローン(リフォームローン)を利用して
購入を行わなくてはなりません。

一戸建てをリノベーションしようと考えると
ある程度の資金は必要となります。

住宅ローンにプラスリフォームローンとなると、
年収制限等により希望金額の融資を受けられない
場合も出てきてしまいます。

そのため、リノベーション済みの物件は
住宅ローンを利用する人には大変人気の
物件なのです。

ですが、最近ではリノベーション
済み物件は一般的になりつつ
あります。向かうところ

ライバル物件に差をつける
ためには、個性を売りに
しなくては買い手も見つからず
売却期間ばかりが伸びてしまい、
価格変更を行わざるを得なく
なってしまうでしょう。

エコ素材、お洒落な建材、流行りのカラー、
最新式の水回り設備など、その時代の流行りを
取り入れたリノベーションを行う事で、
中古の一戸建てに付加価値が加わり、
高い金額での売却も望める事でしょう。