効果的に集客する優れた方法

標準

商品やサービスのアピールには様々な方法があります。
ポスターや電光掲示板やムービーを流すことも良く活用されています。

サービスエリアは高速道路に休憩や食事をとる場所であり、
訪れる多くの人は気分転換ができる事を楽しみにしています。

実際多くの人は休憩する場所として、大規模なサービスエリアを選択します。
よほど緊急事態でないかぎり、どうせ休憩するのなら
大きなサービスエリアの方がお店がたくさんあって楽しいからです。

人々はまるでテーマパークを訪れるかのような期待を持って車から降ります。

のぼりからの期待感

では、そこで最初に目につくものはなんでしょうか。

遠くからでも、人目をひくものはのぼりです。
なぜ人目を引くかというと、はためいているからです。

風になびいている旗には自然と目をやります。
そして人と同じほどの高さにあることで視界に入りやすくなります。

反対に大きな看板であっても、上を見ないと気が付かないようであれば効果的ではありません。
加えて人の経験上、のぼりが出ている場合は期間限定の商品があることが多いので
一層大脳が反応し、これは大切な何かがあるに違いないと結論付けます。

確かにのぼりの使用には科学的根拠もあります。

雰囲気づくりとしての役割

のぼり旗は集客効果意外にも、店の雰囲気を楽しく明るいものにする点でも効果的です。

店の入り口にあるのと、ないのとでは全く印象が違います。
はためくのぼり旗を見て、ここで何かたのしいことがやっているに違いないと期待させるからです。

反対に何も置いていないと、営業しているかどうかさえわかりません。
一つ置くだけで活気づくという効果があります。

多くの人は高速を使って遠くへ行く場合、途中の休憩の時は
テンションが上がります。

長時間車に乗っていることによる疲れもあるでしょう。
目的地に到着していなくても、途中下車して
お土産屋さんを探検するのは観光気分になります。

観光地ののぼり

駐車場はかなり広いため、遠くからでもわかるようにする必要があります。

のぼり旗なら風になびいて動いているので、目立たせることが可能です。
時折、日に当たって変色したのぼり旗をずっと使っている場合があります。

エコロジーではありますが、見た目も悪く毎日設置していることがわかるので効果的ではありません。
あたらしいのぼり旗であれば、新商品があるのではと期待させることもできます。

たとえばソフトクリームとかかれた旗を見ると、誰もが自然に食べたくなります。

両面印刷ののぼり旗の活用ポイント

標準

お店のアピールに役立ち、集客効果が
期待できるのぼり旗。

文字でアピールポイントを確実に

表裏

伝えたいところですが、通常の
のぼり旗の難点は表裏があること。

裏面に書かれている文字は反転されて
しまうため、通行する人が
読み取れない可能性が生じます。

特に街道沿いなど交通量の多い場所では、確実にメッセージを伝えたいところ。

そこで役に立つのが、両面印刷されたのぼり旗。
正しい方向の文字や模様が両面印刷されるか
貼り合わされています。

どちら側から見ても正確な読み取りができるため、
設置した後は風で表裏が変わっても影響がありません。

表面と裏面で違うデザインにするのも可能で、
インパクトを与えたい時もおすすめです。

インパクトがある

両面印刷のぼり旗を使用する際、注意するのは
通常に比べ重みがあること。

設置時に支えるポールが折れる可能性はゼロではないため、
強風用のポールを使うと良いでしょう。

風に左右されない両面のぼりを活用すれば、最大限の宣伝効果を生むのも
不可能ではありません。

のぼり旗でインクジェット印刷にかかる予算の立て方

標準

web上に展開しているのぼり旗インクジェット印刷を
行うメリットとしては、まず格安でのぼり旗を製作できて、
しかも鮮明なデザインによる印刷を行うことができる点です。

スーパーや飲食店などの店頭に設置するだけで
賑やかな印象を持ち、集客などの向上をも
たらすこともできます。

立候補に効果的なのぼり旗でのアピール方法

新規でのぼり旗を製作する場合には、その製作のための
予算がかかり、それがどのくらいかかるかを
あらかじめ計算しておくことが重要なポイントです。

まずのぼり旗インクジェット印刷を行う上でかかる
費用には、のぼり旗のサイズによる料金、仮に
デザインデータの制作を依頼した場合には
その料金、チチの色、棒袋縫いなどの
オプション費用がかかります。

これはのぼり旗一枚を製作する上で必要となる
費用で、枚数が必要であれば、掛け合わせることで
費用を算出することが可能です。

費用の算出

もちろん同じデザインののぼり旗だけでなく、
色とりどり必要となる場合は、同じように
費用もかかっていきます。

その他に生地を防炎加工にしたりする場合や
のぼり旗を入れておく袋代など
場合によっては必要となります。

忘れてはならないのは、掲げるためののぼり竿・ポール、
位置に固定するためのスタンドや注水台、暗くなっても
見える様にするためのピカのぼりを揃える場合が
あることです。

実際にそれらの品々は掲げるまでに用意すべきものとして、
揃えておいた方が良い物です。

もちろんのぼり旗インクジェットを行う通販サイトでも、
これらの付属品などをのぼり旗と一緒に扱っており
販売しています。

ホームセンターなどで購入することができるケースが
ありますが、のぼり旗インクジェットの通販サイトで
一式を購入した方が自動見積もり機能があるため、
予算が立てやすいメリットもあります。