効果的に集客する優れた方法

標準

商品やサービスのアピールには様々な方法があります。
ポスターや電光掲示板やムービーを流すことも良く活用されています。

サービスエリアは高速道路に休憩や食事をとる場所であり、
訪れる多くの人は気分転換ができる事を楽しみにしています。

実際多くの人は休憩する場所として、大規模なサービスエリアを選択します。
よほど緊急事態でないかぎり、どうせ休憩するのなら
大きなサービスエリアの方がお店がたくさんあって楽しいからです。

人々はまるでテーマパークを訪れるかのような期待を持って車から降ります。

のぼりからの期待感

では、そこで最初に目につくものはなんでしょうか。

遠くからでも、人目をひくものはのぼりです。
なぜ人目を引くかというと、はためいているからです。

風になびいている旗には自然と目をやります。
そして人と同じほどの高さにあることで視界に入りやすくなります。

反対に大きな看板であっても、上を見ないと気が付かないようであれば効果的ではありません。
加えて人の経験上、のぼりが出ている場合は期間限定の商品があることが多いので
一層大脳が反応し、これは大切な何かがあるに違いないと結論付けます。

確かにのぼりの使用には科学的根拠もあります。

雰囲気づくりとしての役割

のぼり旗は集客効果意外にも、店の雰囲気を楽しく明るいものにする点でも効果的です。

店の入り口にあるのと、ないのとでは全く印象が違います。
はためくのぼり旗を見て、ここで何かたのしいことがやっているに違いないと期待させるからです。

反対に何も置いていないと、営業しているかどうかさえわかりません。
一つ置くだけで活気づくという効果があります。

多くの人は高速を使って遠くへ行く場合、途中の休憩の時は
テンションが上がります。

長時間車に乗っていることによる疲れもあるでしょう。
目的地に到着していなくても、途中下車して
お土産屋さんを探検するのは観光気分になります。

観光地ののぼり

駐車場はかなり広いため、遠くからでもわかるようにする必要があります。

のぼり旗なら風になびいて動いているので、目立たせることが可能です。
時折、日に当たって変色したのぼり旗をずっと使っている場合があります。

エコロジーではありますが、見た目も悪く毎日設置していることがわかるので効果的ではありません。
あたらしいのぼり旗であれば、新商品があるのではと期待させることもできます。

たとえばソフトクリームとかかれた旗を見ると、誰もが自然に食べたくなります。

のぼり旗通販ドットコムの発注の流れ

標準

のぼり旗通販ドットコムで注文するのには、
既成品とオーダー品の2パターンの方法があります。

いずれの場合も流れはシンプルで、複雑な手順は必要ありません。

共通の支払い方法は、Paypalの決済システムを使った
クレジットカード決済と銀行振込、後払い決済の3種類です。

支払い方法

送料は配送先の地域によって異なるので、予め確認するようにしましょう。

既製品のぼりの場合は、初めにデザインを選びます。
オプション希望があれば選び、枚数を入力して
「カートに入れる」をクリックして支払いページへ進みます。

背景色を変更したい場合は、カートに入れた後に「配送設定」の備考欄に
希望のカラーを記入すれば対応可能です。

オーダーのぼりの場合は、初めにトップページから
サイズと基本仕様の枚数を選択します。

基本仕様が1枚のものと1~4枚のものがあるので注意しましょう。

詳細ページでオプションと枚数を選び、「カートに入れる」をクリックして支払いページに進みます。

データ入稿を行うのは、商品の注文後です。
記載されているアドレスにメールで完全データを送付し、
修正点などの確認を経て入金確認後に製作開始となります。

通常サイズ以外にも、テーブル等に設置できるミニサイズや
高級感ある袋タイプ、ジャンボサイズや長方形以外の変形なども
依頼することが可能です。

要望に細やかに応えてくれる京都のれん

のぼり旗通販ドットコムを運営する京都のれんは、
のぼり旗の他、のれんや風呂敷、横断幕の製造と販売を
おこなっています。

京都のれんのサービス

布をツールに、幅広く商品を展開しているのが特徴です。

京都市中京区に営業所とショールームを構えており、
のぼり旗・のれん・風呂敷それぞれのオンラインショップを運営しています。

京都のれんののぼり旗の製作と販売は、低価格で高品質である点が人気です。

日本製インクジェットプリントを業界最安値で提供し、
通常4~5営業日で発送するといった納期の早さにも
定評があります。

また、データを永久保存するため、同じデザインであれば
いつ注文したかを伝えるだけでデータを再入稿する必要がありません。

オーダーやオプション等、希望に応じる柔軟性の高さも魅力です。

選べる生地の種類や染色方法、色が豊富にそろっています。
生地は基本のポンジーだけでなく、厚手のトロピカルや綿に加えて、
両面別柄の仕様なども製作可能です。

染色方法は、ダイレクトインクジェット・シルクスクリーンプリントや
裏抜けする染め方などにも対応しています。

DICカラー帳を完備しているので、紙媒体などでカンプを
提出することで、できる限り希望の色に近づけてもらえるのも安心です。

サンプルや見本も揃っているので、迷っている時は相談してみましょう。

のぼり旗を製作!カラーチチのメリットは?

標準

色にこだわったのぼり旗

イベントが開催されていることを告知したり、
宣伝することで多くの人を呼び込む効果がある
のぼり旗をオリジナルで製作する時には、色や
デザインにこだわりたいものです。

せっかく作ったとしても目立たずに気づかれ
なかったら効果がありません。

しかし単に目立てば良いというものでもなく、
例え人目についたとしても見苦しい見た目で
あればマイナスの宣伝になってしまう可能性も
あります。

そのためのぼり旗を製作する際には、目的に
合った内容と色・デザインであることに加えて、
可能な限り見た目のよさも重視して作ることが
おすすめです。

カラーのチチ

人目を引く要素には色が挙げられますが、色を
選ぶ際には内容や季節に合っていて目立つ配色
を選ぶことが、効果的な広告・宣伝をするため
には大切になります。

赤やオレンジ色といった暖色の場合には温かい・
熱い・情熱的であるといったイメージがあり、
水色や紺などの寒色の場合には、涼しい・冷静・
クールといったイメージがあります。

色にこだわってのぼり旗を制作する際には、
チチにもこだわってみると良いかも知れません。

チチはのぼりとポールを付ける輪になった
テープで白色が主流ですが、近年では色とりどりの
カラーチチも登場しています。

細部にまでこだわったのぼり旗

デザインや色に拘って製品やサービス・イベントを
広告するのぼり旗を製作するときでも、のぼりと
ポールを繋げるチチについては意識していない人も
多いのではないでしょうか。

この3センチほどの幅のテープは一般的には白い色を
しているものが多いです、しかし最近ではカラーチチと
呼ばれる色付きのものが使われることも増えています。

せっかく全体のデザインや色合いに拘りを持って
のぼり旗を作っても、横や上部に幾つか付いている
チチが白だと旗のデザインによっては気になって
しまうこともあるものです。

そのような時に色付きのチチを利用することで、
全体にチチが調和しグレードアップした出来上がりに
なる可能性があります。

目立つ

のぼり旗で使用される事の多い色が揃っているので、
赤や黄・緑・青などのぼり本体の色と同色かもしくは
近い色を選んで目立たない様にしたりすることが
できるほか、あえて全く違う色を選んでデザインの
アクセントにしたりすることも出来るでしょう。

このようにオリジナルののぼり旗を作るのであれば、
本体のみならず細部にこだわると完成度が高い見た目に
なるのでおすすめです。

これから制作することを考えているのであれば
カラーチチにも注目してみてはいかがでしょうか。

通販ののぼり旗の用途も色々

標準

通販で購入できるのぼり旗は、様々な用途に使うことができます。
一般的なのぼり旗の用途は、店舗の店先に設置する使い方です。

店舗の店先

街中にあるコンビニやドラッグストア、ファミレスなどの前には、
のぼり旗が設置されています。

売りたい商品や店舗のアピールポイントを印刷することによって、
店先を歩く通行人や車を運転中の人に宣伝することができます。

のぼり旗には高い集客効果と認知効果があるとされるので、
最も一般的な使い方です。
通販で購入したのぼり旗は、イベントを開催するときにも使われています。

神社のお祭りや商店街の催しなど地域のイベントから、コンサートや
スポーツ大会など大規模イベントまで、規模の大小は関係ありません。

神社のお祭り

会場となっている場所やその周辺に設置して、イベントを盛り上げています。
さらに通販で購入できるのぼり旗は、交通安全や防犯目的でも使われています。

交差点などにドライバーへの注意喚起のために設置したり、空き巣やひったくり注意など
防犯目的で設置することによって、人々の安全を守る役目もあるのです。

通販で気軽に購入できるようになったので、様々な場所で使われています。
様々な用途に使われていることから、のぼり旗の通販では数多くのデザインが
用意されています。

目的に合ったデザインののぼり旗を購入するのも良いですし、
オリジナルで制作することも可能です。

通販で購入するときは、目的に合わせてデザインを選ぶことによって、
設置したときの効果を高めることもできます。

両面印刷ののぼり旗の活用ポイント

標準

お店のアピールに役立ち、集客効果が
期待できるのぼり旗。

文字でアピールポイントを確実に

表裏

伝えたいところですが、通常の
のぼり旗の難点は表裏があること。

裏面に書かれている文字は反転されて
しまうため、通行する人が
読み取れない可能性が生じます。

特に街道沿いなど交通量の多い場所では、確実にメッセージを伝えたいところ。

そこで役に立つのが、両面印刷されたのぼり旗。
正しい方向の文字や模様が両面印刷されるか
貼り合わされています。

どちら側から見ても正確な読み取りができるため、
設置した後は風で表裏が変わっても影響がありません。

表面と裏面で違うデザインにするのも可能で、
インパクトを与えたい時もおすすめです。

インパクトがある

両面印刷のぼり旗を使用する際、注意するのは
通常に比べ重みがあること。

設置時に支えるポールが折れる可能性はゼロではないため、
強風用のポールを使うと良いでしょう。

風に左右されない両面のぼりを活用すれば、最大限の宣伝効果を生むのも
不可能ではありません。

のぼり旗を屋内で使用するポイント

標準

のぼり旗といえば、お店の外に出しているのをよく見かけます。
そのため、屋外で使用しているイメージが高いと思います。

しかし、屋内であっても場所を考えればいくらでも
設置することができます。

のぼり旗の基本的な使い方は、ポールに入れて
店の宣伝をすることです。

基本的な使い方

屋外だったら通行人の妨げにならずに置くことができます。
ただし屋内だと、買い物をしている人の邪魔になる他、
怪我をする危険もあります。

その場合、設置方法を工夫しなくてはいけません。
旗はポールに入れるだけでなく、バナーのように
壁に貼ることができます。

壁に貼ることで、商品が目立つようになり、購入率がアップする効果があります。
買い物客の妨げにもならないので、トラブルになる可能性も低くなります。

ジャマにならない

他にも、垂れ幕と同様の使い方や、立体的に装飾するなど、工夫次第で
様々な使用方法があります。

のぼり旗はポスターよりも大きいので人の目を引き付けやすいです。
宣伝したい商品の近くに設置することをおすすめします。

のぼり旗を小ロットで制作するには

標準

のぼり旗は、商売、特に店舗を使った商売をしている
ところにとってはかなり大事なものです。

チラシなどを配るのもセールなどの情報を伝えるためには
必要なのですが、通りがかった人に対して簡単に
アピールできるのぼり旗は無くてはならないものと言えます。

アピールが簡単

しかし、こののぼり旗、小ロットで作成を依頼すると
どうしても単価が高くなりがちです。
これはなぜかというと、最初に製版が必要となるためです。

ロットが大きければこの初期費用を按分できるため
単価が安くなるわけです。

ただ、小ロットに向いた印刷方法もあります。

それがインクジェットによる印刷です。
発色などは通常のシルクスクリーンなどより
落ちる点はありますが、何と言っても
製版不要なので、小ロットでも
単価が安くなることが大きいでしょう。

単価が安い

また、フルカラー印刷が可能な場合も多いので、
写真などを使ったのぼり旗も作成できます。

個人店などでは時期ごとのセールなどに
小ロットののぼり旗が必要になることも多いので、
単価が安いインクジェット印刷を行う業者で
検討してみてはいかがでしょうか。

のぼり旗でインクジェット印刷にかかる予算の立て方

標準

web上に展開しているのぼり旗インクジェット印刷を
行うメリットとしては、まず格安でのぼり旗を製作できて、
しかも鮮明なデザインによる印刷を行うことができる点です。

スーパーや飲食店などの店頭に設置するだけで
賑やかな印象を持ち、集客などの向上をも
たらすこともできます。

立候補に効果的なのぼり旗でのアピール方法

新規でのぼり旗を製作する場合には、その製作のための
予算がかかり、それがどのくらいかかるかを
あらかじめ計算しておくことが重要なポイントです。

まずのぼり旗インクジェット印刷を行う上でかかる
費用には、のぼり旗のサイズによる料金、仮に
デザインデータの制作を依頼した場合には
その料金、チチの色、棒袋縫いなどの
オプション費用がかかります。

これはのぼり旗一枚を製作する上で必要となる
費用で、枚数が必要であれば、掛け合わせることで
費用を算出することが可能です。

費用の算出

もちろん同じデザインののぼり旗だけでなく、
色とりどり必要となる場合は、同じように
費用もかかっていきます。

その他に生地を防炎加工にしたりする場合や
のぼり旗を入れておく袋代など
場合によっては必要となります。

忘れてはならないのは、掲げるためののぼり竿・ポール、
位置に固定するためのスタンドや注水台、暗くなっても
見える様にするためのピカのぼりを揃える場合が
あることです。

実際にそれらの品々は掲げるまでに用意すべきものとして、
揃えておいた方が良い物です。

もちろんのぼり旗インクジェットを行う通販サイトでも、
これらの付属品などをのぼり旗と一緒に扱っており
販売しています。

ホームセンターなどで購入することができるケースが
ありますが、のぼり旗インクジェットの通販サイトで
一式を購入した方が自動見積もり機能があるため、
予算が立てやすいメリットもあります。