のぼり旗を製作!カラーチチのメリットは?

標準

色にこだわったのぼり旗

イベントが開催されていることを告知したり、
宣伝することで多くの人を呼び込む効果がある
のぼり旗をオリジナルで製作する時には、色や
デザインにこだわりたいものです。

せっかく作ったとしても目立たずに気づかれ
なかったら効果がありません。

しかし単に目立てば良いというものでもなく、
例え人目についたとしても見苦しい見た目で
あればマイナスの宣伝になってしまう可能性も
あります。

そのためのぼり旗を製作する際には、目的に
合った内容と色・デザインであることに加えて、
可能な限り見た目のよさも重視して作ることが
おすすめです。

カラーのチチ

人目を引く要素には色が挙げられますが、色を
選ぶ際には内容や季節に合っていて目立つ配色
を選ぶことが、効果的な広告・宣伝をするため
には大切になります。

赤やオレンジ色といった暖色の場合には温かい・
熱い・情熱的であるといったイメージがあり、
水色や紺などの寒色の場合には、涼しい・冷静・
クールといったイメージがあります。

色にこだわってのぼり旗を制作する際には、
チチにもこだわってみると良いかも知れません。

チチはのぼりとポールを付ける輪になった
テープで白色が主流ですが、近年では色とりどりの
カラーチチも登場しています。

細部にまでこだわったのぼり旗

デザインや色に拘って製品やサービス・イベントを
広告するのぼり旗を製作するときでも、のぼりと
ポールを繋げるチチについては意識していない人も
多いのではないでしょうか。

この3センチほどの幅のテープは一般的には白い色を
しているものが多いです、しかし最近ではカラーチチと
呼ばれる色付きのものが使われることも増えています。

せっかく全体のデザインや色合いに拘りを持って
のぼり旗を作っても、横や上部に幾つか付いている
チチが白だと旗のデザインによっては気になって
しまうこともあるものです。

そのような時に色付きのチチを利用することで、
全体にチチが調和しグレードアップした出来上がりに
なる可能性があります。

目立つ

のぼり旗で使用される事の多い色が揃っているので、
赤や黄・緑・青などのぼり本体の色と同色かもしくは
近い色を選んで目立たない様にしたりすることが
できるほか、あえて全く違う色を選んでデザインの
アクセントにしたりすることも出来るでしょう。

このようにオリジナルののぼり旗を作るのであれば、
本体のみならず細部にこだわると完成度が高い見た目に
なるのでおすすめです。

これから制作することを考えているのであれば
カラーチチにも注目してみてはいかがでしょうか。

通販ののぼり旗の用途も色々

標準

通販で購入できるのぼり旗は、様々な用途に使うことができます。
一般的なのぼり旗の用途は、店舗の店先に設置する使い方です。

店舗の店先

街中にあるコンビニやドラッグストア、ファミレスなどの前には、
のぼり旗が設置されています。

売りたい商品や店舗のアピールポイントを印刷することによって、
店先を歩く通行人や車を運転中の人に宣伝することができます。

のぼり旗には高い集客効果と認知効果があるとされるので、
最も一般的な使い方です。
通販で購入したのぼり旗は、イベントを開催するときにも使われています。

神社のお祭りや商店街の催しなど地域のイベントから、コンサートや
スポーツ大会など大規模イベントまで、規模の大小は関係ありません。

神社のお祭り

会場となっている場所やその周辺に設置して、イベントを盛り上げています。
さらに通販で購入できるのぼり旗は、交通安全や防犯目的でも使われています。

交差点などにドライバーへの注意喚起のために設置したり、空き巣やひったくり注意など
防犯目的で設置することによって、人々の安全を守る役目もあるのです。

通販で気軽に購入できるようになったので、様々な場所で使われています。
様々な用途に使われていることから、のぼり旗の通販では数多くのデザインが
用意されています。

目的に合ったデザインののぼり旗を購入するのも良いですし、
オリジナルで制作することも可能です。

通販で購入するときは、目的に合わせてデザインを選ぶことによって、
設置したときの効果を高めることもできます。

のぼり旗を屋内で使用するポイント

標準

のぼり旗といえば、お店の外に出しているのをよく見かけます。
そのため、屋外で使用しているイメージが高いと思います。

しかし、屋内であっても場所を考えればいくらでも
設置することができます。

のぼり旗の基本的な使い方は、ポールに入れて
店の宣伝をすることです。

基本的な使い方

屋外だったら通行人の妨げにならずに置くことができます。
ただし屋内だと、買い物をしている人の邪魔になる他、
怪我をする危険もあります。

その場合、設置方法を工夫しなくてはいけません。
旗はポールに入れるだけでなく、バナーのように
壁に貼ることができます。

壁に貼ることで、商品が目立つようになり、購入率がアップする効果があります。
買い物客の妨げにもならないので、トラブルになる可能性も低くなります。

ジャマにならない

他にも、垂れ幕と同様の使い方や、立体的に装飾するなど、工夫次第で
様々な使用方法があります。

のぼり旗はポスターよりも大きいので人の目を引き付けやすいです。
宣伝したい商品の近くに設置することをおすすめします。

のぼり旗を小ロットで制作するには

標準

のぼり旗は、商売、特に店舗を使った商売をしている
ところにとってはかなり大事なものです。

チラシなどを配るのもセールなどの情報を伝えるためには
必要なのですが、通りがかった人に対して簡単に
アピールできるのぼり旗は無くてはならないものと言えます。

アピールが簡単

しかし、こののぼり旗、小ロットで作成を依頼すると
どうしても単価が高くなりがちです。
これはなぜかというと、最初に製版が必要となるためです。

ロットが大きければこの初期費用を按分できるため
単価が安くなるわけです。

ただ、小ロットに向いた印刷方法もあります。

それがインクジェットによる印刷です。
発色などは通常のシルクスクリーンなどより
落ちる点はありますが、何と言っても
製版不要なので、小ロットでも
単価が安くなることが大きいでしょう。

単価が安い

また、フルカラー印刷が可能な場合も多いので、
写真などを使ったのぼり旗も作成できます。

個人店などでは時期ごとのセールなどに
小ロットののぼり旗が必要になることも多いので、
単価が安いインクジェット印刷を行う業者で
検討してみてはいかがでしょうか。