出産、新しい家族…家を売り住み替える

住み替えを理由に家を売る方も少なくありません。
結構多いのが家族が増えたきっかけです。家族

夫婦二人だけの時は十分な広さだった物件も
子供ができると手狭になり広い家に住替えしなければ
いけないこともあります。

高齢になった親御さんと一緒に暮らすために
住み替えすることもあります。

済む人が増えると荷物も増えますしプライベート空間も
必要になるので、家族全てが快適に過ごすためには
絶対に広い家への住み替えは必要になります。

狭い家にそのまま暮らし続けると家族みんなのストレスになるでしょう。

不要になった家を売る場合気を付けてもらいたいのがタイミングです。
早く売ればいいのですがあまり早さを求めると
値引き交渉をされるので思うような価格にならなくなります。確認しておきたいこと

ですので少し余裕を持って引越しのプランを立てるようにしてください。

売れてから住み替えるというのもいいでしょう。
ただ暮らしながら家の見学を受け入れなければいけませんので
家の中を常にきれいにしておく必要があります。

今暮らしている家の売却益は新しい家を買うときの資金になります。
どれだけの額で売れるのかが、新しい家を買うときの
負担額に大きく影響しますので、できるだけ高く売るようにしてください。

高く売るコツですが、不動産屋に委託する場合は
少しだけ相場より高めに設定するようにしてください。

必ず値引き交渉されてしまうからです。
また仲介手数料の少ない不動産会社を選ぶようにしましょう。

仲介手数料も大きな負担になるからです。
決断の前にできる限り情報収集しておきましょう。

親が家を売るのを止めたい

親が家を売りたいという場合、家を売る方法は
いくつかありますが、一般的に売るのは
不動産会社に直接買い取ってもらうか、
不動産会社を仲介して第3者に売り渡すことの
どちらかになります。

この場合、一般的には、直接不動産会社に家を
買い取ってもらう方が、買い取り価格が
安くなってしまうでしょう。

一方で仲介お願いすると買い取り価格は高くなります。

このように考えると仲介お願いした方が
よいかもしれません。気付き

ですが、なぜ仲介の方が高く家を
売ることができるかといえば、
仲介手数料をもらっているからです。

不動産会社は媒介をする場合、売り主と買い手が
いるため、そのあいだに立ちますので
仲介手数料を取るわけです。雲行き

そのように考えると、直接売却する場合も
仲介をして売却をしてもらう場合もそれほど
大差はないのかもしれません。

では、親が家を売るのを止めたい場合は
どうしたらいいでしょうか。

基本的に家を売るのにどのような理由があるかを
知っておくことです。

やみくもに反対をしたとしてもあまり意味がありません。
それなりに理由があって売却するからです。

では、お金のために売る場合はどうしたらいでしょうか。

この場合はお金を用意する方法がありますが、
自分で用意することができない場合はもはや
この方法を使うことはできないでしょう。

ではもし、住宅ローンが払えない場合は
どうしたらいいでしょうか。

この場合は、住宅ローンの延期を
お願いするしかないでしょう。

一定の条件をもとに、延期してくれることもあります。

相続した家を売却する時にかかる税金

相続によって取得した家を売却するときには、
通常の家売却のときと税金の課税のされ方が
少し異なるので注意が必要です。

売買契約書にかかる印紙税と、契約成立時に
支払う仲介手数料にかかる消費税は、相続で取得した
家を売却するケースでも同じように課税されます。

税額の決まり方も通常の家売却のときと一緒で、
印紙税は契約金額によって、消費税は請求される
金額によって決まります。

通常のケースと異なる点があるのは、登録免許税です。

相続した家は、先に相続登記をおこなって
名義を故人から相続人に変更しないと
自由に処分することができません。

したがって、売主側は相続登記を行う際の
登録免許税を負担する必要があります。親しみを込めた

相続に伴う所有権移転登記における
登録免許税の税額は、対象不動産の
価額の0.4%となっています。

この他の登録免許税の取扱は通常の取引と一緒で、
売却物件に抵当権が存在する場合に、抵当権抹消登記の分の
登録免許税がかかります。頑張る

所得税や住民税を計算する際に計上できる
費用についても、通常の取引の場合とは少し
違いがあります。

他の所得とは切り離して不動産の譲渡によって
得た所得のみで納税額を計算するのは一緒ですが、
相続開始日から相続税の納付期限の翌日から
3年が経過する日までの間に売却していれば、
譲渡所得の計算時に課税された相続税の一部を
取得費として算入することができます。

家の売却はたくさんのお金が動く取引となります。

多額のお金を手にすると、気がおおきくなって
お金を使ってしまいがちになりますが、
あまりに使いすぎると所得税や相続税の
申告をする際にお金が無い状況に陥る
おそれがあります。

家を売って得たお金は計画的に使いましょう。