親が家を売るのを止めたい

親が家を売りたいという場合、家を売る方法は
いくつかありますが、一般的に売るのは
不動産会社に直接買い取ってもらうか、
不動産会社を仲介して第3者に売り渡すことの
どちらかになります。

この場合、一般的には、直接不動産会社に家を
買い取ってもらう方が、買い取り価格が
安くなってしまうでしょう。

一方で仲介お願いすると買い取り価格は高くなります。

このように考えると仲介お願いした方が
よいかもしれません。気付き

ですが、なぜ仲介の方が高く家を
売ることができるかといえば、
仲介手数料をもらっているからです。

不動産会社は媒介をする場合、売り主と買い手が
いるため、そのあいだに立ちますので
仲介手数料を取るわけです。雲行き

そのように考えると、直接売却する場合も
仲介をして売却をしてもらう場合もそれほど
大差はないのかもしれません。

では、親が家を売るのを止めたい場合は
どうしたらいいでしょうか。

基本的に家を売るのにどのような理由があるかを
知っておくことです。

やみくもに反対をしたとしてもあまり意味がありません。
それなりに理由があって売却するからです。

では、お金のために売る場合はどうしたらいでしょうか。

この場合はお金を用意する方法がありますが、
自分で用意することができない場合はもはや
この方法を使うことはできないでしょう。

ではもし、住宅ローンが払えない場合は
どうしたらいいでしょうか。

この場合は、住宅ローンの延期を
お願いするしかないでしょう。

一定の条件をもとに、延期してくれることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)