売って建てる? 買って売る?家の売却はどっちがお得?

家の買換えの際には初めて買う時のように
ただ単に買うだけでなく、今まで住んでいた
家を売却する必要があります。

新しい家を購入する資金がない場合は、
売ったお金を使って購入するか、売ったお金で
これまでの住宅ローンを返して新たに
住宅ローンを借りることになります。

元の場所へしかし購入と売却の
タイミングが同時になるとは
限らないので、購入か
売却どちらを先に
行うか考える必要があります。

売却が先の場合のメリットは、売れなかった
というリスクがないという点です。

購入が先の場合は希望した価格では
なかなか売れない時に、価格を安くで
売ることになってしまうこともあります。

自生するデメリットは家を売った後に
新しい家が用意できていない
場合は、一時的な仮住まいを
用意する必要があります。

仮住まいの期間は賃料の
負担と、2度の引越し費用の
負担がかかってしまいます。

また子どもがいる場合など学区の違いで、
転校などの手続きが必要になってしまいます。

買いが先の場合のメリットは、購入する家を
じっくり決める事が出来る点です。

買いたい物件がすぐには見つかった場合も、
購入の申込のタイミングを逃す事がありません。

また仮住まいなどが必要でないので、
引越しの手間も1度で済みます。

しかし買いが先の場合は、最低でも購入の契約時に
支払う手付金を払える資金力が必要になります。

なかなか売れない場合に、新しい家と前の家の
両方のローンを払わなければいけないような
負担が増えることもあります。

しかしスムーズに売却できた場合は、
仮住まいの費用や引越しの費用が必要ないので
先に買った方がお得な場合が多いです。