のぼり旗は記憶に残りやすい

ページ

最近は、新型コロナウイルスの影響などもあり、外食せずに料理をデリバリーする人が増えています。

お店で食事をするのは心配だという人も多く、なかなか以前のように客足が戻って来ないという飲食店も多くあります。

コロナ禍をきっかけに、デリバリーを始めたというお店も多いのではないでしょうか。

デリバリー

しかし、料理をデリバリーしていることを上手くアピールできていない場合も多いものです。

そこでお勧めなのが、のぼり旗を使う方法になります。
ウーバーイーツ等のデリバリーサービスに対応している場合には、のぼり旗を使えば配達できますというアピールになります。

のぼり旗を広告に使うと、そこを通る人に効率的に情報を伝えることができます。
中食やデリバリーを利用しようと思っている場合には、ダイレクトに商品をPRすることになります。

また、のぼり旗を目にしているとその情報が記憶に残るので、後からデリバリーを利用するシーンになった時に思い出してもらいやすくなります。

人はデリバリーで全く知らないお店を利用するよりも、どこにお店があるのか分かっていた方が安心感が生まれます。
利用してみたいという気持ちになるので、のぼり旗を使うと印象的な広告になるのです。

のぼり旗で配達できることをお知らせ

デリバリーを利用する際に、ウーバーイーツを利用するという人も多いと思います。

料理を提供するお店と利用者を繋ぐ新しいサービスで、配達パートナーが料理を届けてくれます。

スマートフォンやタブレット端末などを使って気軽に注文することができるので、幅広い世代に利用されています。

1品からでも注文することが可能ですし、クレジットカードで支払いを済ませておけば受け取る時間も短時間で済みます。

玄関先やオフィスの中まで届けてくれるので、会社のランチタイム等にも利用することができ、お店で食べるのと変わらない出来立ての料理を届けてもらえます。

また、配達パートナーとして働いている人も多いです。
働く時間を自分で自由に調整できるので、ちょっとした隙間時間に働けるのが魅力です。

飲食店側でも配達する人材を確保する必要がないので、人件費を削減できるメリットがあります。

そんな広く普及しているウーバーイーツに加入していることをのぼり旗を使えば簡単にお知らせすることができます。
配達できますという情報を伝えることは、デリバリーを提供する上では欠かせません。

のぼり旗は情報を分かりやすく伝えられるのが大きなメリットです。

配達できますアピール